早稲田大学 イノベーション教育プログラム

HondaイノベーションTokyo教育研究プログラム(Hondaアカデミー)

  • TOP>
  •  カリキュラム一覧 >
  •  受講者の声:イノベイティブ ビジネスクリエーション (データビジネスクリエーション α)

受講者の声:イノベイティブ ビジネスクリエーション

データビジネスクリエーション α 詳細はこちら

第8回
統合型リゾートが科学技術進展や社会課題解決に繋がるか?

■講義実施日

2019年11月26日(火)

■時間

18:15 ~ 19 : 45

■会場(教室)

渋谷QWSホール

■担当講師

朝日 透、鶴谷 武親

■ゲスト

丸田 健太郎(KPMGジャパン あずさ監査法人 Digital Innovation部 部長 )
西村 直之(一般社団法人SRG協議会 代表理事/精神科医 西村 直之)

■講義内容

 本日は、SHIBUYA QWSにて,KPMGジャパンの丸田健太郎氏、一般社団法人SRG代表理事の西村直之氏、一般社団法人日本IR協会代表理事の中山彩子氏にゲスト講師としてご登壇いただきました。
 統合型リゾート(IR)の定義から必要性までに渡る網羅的な講義から、パネルディスカッションによる学生との意見交換は非常に有意義な時間となりました。
 IR構想自体は日本でも昔からされている中、法律等の問題から実施が困難となっていましたが、IRが国家にもたらすプラスな影響は計り知れないため、注目されています。このIRと最先端技術の共存がコアなテーマとなっており、AIやブロックチェーンなどセキュリティ面での応用も期待されています。またIRが完成することで、主要国際会議等も日本で実施しやすくなるという利点があり、これからの日本の発展に不可欠であるということでした。

第7回

■講義実施日

2019年11月19日(火)

■時間

18:15 ~ 19 : 45

■会場(教室)

西早稲田キャンパス3号館405教室

■担当講師

朝日 透、鶴谷 武親

■ゲスト

今泉 卓也(株式会社GameWith代表取締役社長)

■講義内容

 本日は、株式会社GameWithの代表取締役社長である今泉卓也氏にゲスト講師としてご登壇いただきました。
 平成初の上場企業社長でメディアでも多く取り上げられる、今大活躍中の今泉氏の講義ということで、内容はテクニカルな内容ではなく、学生に近い目線でのリアルな企業体験などについて激しい質疑応答に答えてくださいました。特に、「自分が成長するための3要素」についての内容は非常に印象的でした。
 人生における数少ない「機会」をどう捉えるのかについてご自身で追及して得た解をご教授いただき、アントレプレナーシップマインドというよりは、人間の本質の成長についてを考えるきっかけになりました。

第6回
スタートアップのリアル

■講義実施日

2019年11月12日(火)

■時間

18:15 ~ 19 : 45

■会場(教室)

西早稲田キャンパス3号館405教室

■担当講師

朝日 透、鶴谷 武親

■ゲスト

白神 賢(Cellid株式会社代表取締役社長)

■講義内容

 本日は、Cellid株式会社の代表取締役社長である白神賢氏にゲスト講師としてご登壇いただきました。
 スタートアップのリアルという内容で、会社概要とご自身の起業経験についてご講義いただきました。会社を創業されてまだ3年余りということで、発展途上のスタートアップの話は非常にリアリティがある内容でした。特に印象的な内容は2つあり、1つ目は、社会課題に取り組めばいいということではなく、それをビジネス課題にうまく落とし込まなければマネタイズができないということです。2つ目は、ネットワーク・人脈を作ることが自分のしたいことの実現の近道であるということです。
 よりビックデータ化していく社会の中でコンピューティング技術の発展が新領域を創出するというお話しは、非常に興味深い内容でした。

第5回
「AIを用いた外食産業の改革」

■講義実施日

2019年11月5日(火)

■時間

18:15 ~ 19 : 45

■会場(教室)

西早稲田キャンパス3号館405教室

■担当講師

朝日 透、鶴谷 武親

■ゲスト

奥田 聡(株式会社プライムスタイル代表取締役社長)

■講義内容

 本日は、株式会社プライムスタイルの代表取締役である奥田聡氏にゲスト講師としてご登壇いただきました。
 コンサルディング業務経験やエンジェル投資家としてのキャリアもあり、その両側面から起業家へ求めるものについてもお話しいただきました。新規事業における一般的な考え方を実際の例と共にご教示してくださり、難しい理論も理解しやすい内容でした。
 本講義で特に印象的だった内容は、奥田氏の言葉を拝借すると「インクリメンタルイノベーションとラディカルイノベーションの同居」「エフェクチュエ―ション理論」についてでした。

第4回
AI技術で世の中を幸福にする

■講義実施日

2019年10月29日(火)

■時間

18:15 ~ 19 : 45

■会場(教室)

西早稲田キャンパス3号館405教室

■担当講師

朝日 透、鶴谷 武親

■ゲスト

林 佑磨(AIREV株式会社代表取締役兼CEO)
高橋 卓巳(株式会社KYUZAN代表取締役)

■講義内容

 本日は、AIREV株式会社の代表取締役兼CEOである林佑磨氏と、株式会社KYUZANの代表取締役である高橋卓巳氏にゲスト講師としてご登壇いただきました。
 林氏はAI技術を駆使した多面的な応用、高橋氏はブロックチェーンを利用したプロダクトの応用ということで、今ホットな革新技術のビジネス応用についてご講義いただきました。
 お二方ともに理系出身、最先端の技術開発をしてきたということで、プロダクトについて非常に深い所まで追求していることに加え、社是やマーケティング戦略などについても考え抜いている印象を受けました。
 AIやブロックチェーンについての概要から、ビジネス応用の選択肢や考え方は、他では聞けない内容で、非常に有意義な機会でした。

第3回
新たなテックビジネスへの挑戦

■講義実施日

2019年10月15日(火)

■時間

18:15 ~ 19 : 45

■会場(教室)

西早稲田キャンパス3号館405教室

■担当講師

朝日 透、鶴谷 武親

■ゲスト

額田 康利(SOOTH株式会社CEO)

■講義内容

 今回は、SOOTH株式会社のCEOである額田康利氏にゲスト講師としてご登壇いただきました。
 「新たなテックビジネスへの挑戦」というテーマで、会社のサービス説明とビジョン、ビジネスアイデアの考え方、アントレプレナーシップマインド等の内容の講義をしていただきました。特に印象的な内容は2つあり、1つ目は、社会課題に取り組めばいいということではなく、それをビジネス課題にうまく落とし込まなければマネタイズができないということです。2つ目は、ネットワーク・人脈を作ることが自分のしたいことの実現の近道であるということです。
 セカンドキャリアとして起業された額田氏のリアルな内情を知ることで、持つべき考え方や視点を得られた有意義な時間となりました。

第2回
起業という生き方

■講義実施日

2019年10月8日(火)

■時間

18:15 ~ 19 : 45

■会場(教室)

西早稲田キャンパス3号館405教室

■担当講師

朝日 透、鶴谷 武親

■ゲスト

鈴木 伸(株式会社カイカ代表取締役社長)

■講義内容

 本日は、株式会社カイカ代表取締役社長である鈴木伸氏にゲスト講師としてご登壇いただきました。
 「ブロックチェーンテクノロジーを活用した社会の未来」というテーマで、前半はご自身の学生時代から現在までの生い立ち、後半は会社の戦略についてFinTechなどの最新情報を交えながら、イントレプレナーとしての生き方や会社での生き方についてご講義いただきました。特に印象的だったのは、イノベーションを実行して失敗した企業とイノベーションを実行して成功した企業では、どちらも同等なほど成長する可能性が高いというお話でした。
 リスクを恐れずに実行できるかどうかが会社の未来を決定づける1ファクターであるという事実は、非常に興味深いと感銘を受けました。

第1回
起業という生き方

■講義実施日

2019年10月1日(火)

■時間

18:15 ~ 19 : 45

■会場(教室)

西早稲田キャンパス3号館405教室

■担当講師

朝日 透、鶴谷 武親

■ゲスト

木下 慶彦(Skyland Ventures株式会社代表パートナー)
向井 利哉(若手起業家)
鷲尾 圭登(若手起業家)

■講義内容

 今回は,Skyland Ventures代表パートナーである木下慶彦氏と、その投資先の若手起業家向井利哉氏、鷲尾圭登氏にゲスト講師としてご登壇いただきました。
 「起業という生き方」というテーマで、前半は向井氏による自身の起業のきっかけやアントレプレナーシップのマインドについて講義していただきました。
 後半は質疑応答とそれに対する3人のフリーディスカッションで、投資家および起業家の目線どちらの視点もあることで、他では聞けないリアルな話題に発展し、より起業を身近に感じられる機会となりました。
 3人が口をそろえておっしゃっていて印象的だったのは、「起業家と言っても普通の人である」という言葉でした。社会では起業および起業家への偏見があるようで、本講義ではゲストの人間性まで見ることができた貴重な講義でした。



TOP