早稲田大学 イノベーション教育プログラム

HondaイノベーションTokyo教育研究プログラム(Hondaアカデミー)

  • TOP>
  •  カリキュラム一覧 >
  • グローバルビジネスコミュニケーション グローバルビジネスコミュニケーション上級

グローバルビジネスコミュニケーション
グローバルビジネスコミュニケーション上級

講義概要

コミュニケーションとは、社会生活を営む人間の間で行われる知覚・感情・思考の伝達です。 その中には身振りや声・匂い等による様々な情報が交錯されます。
人間の間で、心や気持ちの通い合いが行われたり、互いに理解し合うことが起きてコミュニケーションは成立します。
本講義では、そのコミュニケーションの中でも、ビジネスにおけるコミュニケーションを扱います。 今後、社会でキャリアを築くにあたり、多くのビジネススキルを身につけることになりますが、その中でも、最も重要なもののひとつがこのビジネスコミュニケーション能力です。
ビジネスにおける多くの問題はコミュニケーションの問題に依拠します。
ビジネスにあたっては、コミュニケーション能力が欠けていると、仕事において成果を出し、成長していくのが難しくなると思われます。
自分では、今、コミュニケーション能力が高いと思っていても、それは仲間内でのコミュニケーションかもしれません。
多様性のある人間が混在するビジネス社会では、ビジネスコミュニケーションを身体化し、自然でありながらマナーと節度と敬意のあるふるまいがいつでもできる必要があります。
講義は実践型で行います。
企業でコミュニケーション業務に従事していた講師の知見や経験も説明します。

講義の到達目標

社会人に必要なビジネスコミュニケーション能力を身に付ける
1.「ビジネスコミュニケーション」とは何か(目的、方法論等)を理解することができる
2.「ビジネスコミュニケーション」の主題、聴衆、目標、シナリオ、環境の設計ができる
3.「ビジネスコミュニケーション」のドキュメントの良悪判断ができ、自ら作成することができる
4.「ビジネスコミュニケーション」の話法の良悪判断ができ、実践できる
5.「ビジネスコミュニケーション」のマナーやルールを理解し、実践できる
6.「ビジネスコミュニケーション」について、自分の意見を持ちコミュニケーションに積極的に参加できる
7.「ビジネスコミュニケーション」について人の意見に耳を傾け、批評や学びあいができる
8.「ビジネスコミュニケーション」について自分の優位点と改善点、リフレクションができ、行動改善ができる

担当教員

  • 朝日 透    ( 理工学術院教授、博士キャリアセンター長 )
  • 杉浦 正和   ( 商学学術院教授 )
  • 齊藤 絵理子 ( 早稲田大学研究戦略センター准教授 )

講師

齊藤絵理子:1996年早稲田大学理工学部、1998年同大学院理工学研究科卒業後、株式会社電通入社、マスコミ業界に長く従事し、一貫してコミュニケーション業務に携わる。
2014年より早稲田大学研究戦略センター講師、2017年同大学准教授、赴任時より早稲田大学全体のアウトリーチ、コミュニケーション業務に携わる。
現在、政治経済学術院や他大学でもコミュニケーション教育を担当

講義日程

日時 タイトル 担当教員/ゲスト
第1回 12月12日(木)
9:00-10:30
オリエンテーション 朝日、齊藤
第2回 12月12日(木)
10:40-12:10
What is 「ビジネスコミュニケーション」 齊藤
第3回 12月12日(木)
13:00-14:30
「ビジネスコミュニケーション」ドキュメント演習 齊藤
第4回 12月12日(木)
14:45-16:15
「ビジネスコミュニケーション」トーク演習 齊藤
第5回 12月12日(木)
16:30-18:00
「ビジネスコミュニケーション」環境設計とプレゼンテーション演習1 齊藤
第6回 12月13日(金)
9:00-10:30
「ビジネスコミュニケーション」環境設計とプレゼンテーション演習2 齊藤
第7回 12月13日(金)
10:40-12:10
「ビジネスコミュニケーション」環境設計とプレゼンテーション演習3 齊藤
第8回 12月13日(金)
13:00-14:30
特別講義:ビジネスコミュニケーション「ビジネスで相手を動かすコミュニケーションとは(仮)」 齊藤、朝日、杉浦

参考文献

池上彰(2007)「伝える力」PHPビジネス新書
斎藤孝(2001)「声に出して読みたい日本語」草思社
橋本治(2005)「ちゃんと話すための敬語の本」ちくまプリマー新書
内田樹(2005)「先生はえらい」 ちくまプリマー新書
など読んでおくことを推奨。

成績評価方法

定常的に行われる試験はありません。授業への積極的な態度と参加、ならびにレポートで評価します。
講義に出席するのはもちろんですが、講義内で発言・発表・デイスカッション、傾聴などの能動的な学びの姿勢や行動を重視します。
レポートテーマは授業の最後に提示します。

シラバス

講義詳細はシラバスをご確認ください。
https://www.wsl.waseda.jp/syllabus/JAA104.php?pKey=9S910100160120199S910100169S&pLng=jp

受講を希望される方は、以下の申込方法にて履修申請をお願いいたします。

◆早稲田大学 学生の方

⇒ My WASEDAより科目登録スケジュールに沿ってWEB申請を行ってください。

◆早稲田大学 ポスドクの方 ※単位付与対象外です。

⇒ こちらよりWEB申請を行ってください。

<D-DATaプログラム(データ関連人材育成プログラム)受講希望者の方>

◆早稲田大学 学生の方 

⇒ My WASEDAより科目登録 + D-DATaプログラム専用アプリケーションフォームより参加申込

◆その他(他大学生・ポスドク・社会人)

⇒ D-DATaプログラム専用アプリケーションフォームより参加申込



TOP