早稲田大学 イノベーション教育プログラム

HondaイノベーションTokyo教育研究プログラム(Hondaアカデミー)

  • TOP>
  •  カリキュラム一覧 >
  •  人工知能・先端ロボットテクノロジー実践 (イノベーションとテクノロジー実践 α)

人工知能・先端ロボットテクノロジー実践
(イノベーションとテクノロジー実践 α)

受講者の声はこちら

講義概要

人工知能、ロボットテクノロジー、及び医療テクノロジーとそれらのテクノロジーの融合の分野でスタートアップや先端データ解析に興味のある学生に、ビジネスモデル仮説検証法やビジネスモデルナビゲーター手法の考え方を実践的に学ばせるとともに、ゲストスピーカーからの実体験など聞いて、産学界におけるイノベータ―に必要なことは何かを学ぶ。
また、実践型データサイエンス教育手法であるDeepAnalytics for Education(DAE)を学ぶ。
本授業はインタラクティブ方式の講義とする。
なお、イノベーションとテクノロジー実践αとβをもとに履修することを強く推奨する。

講義の到達目標

グローバルな課題への洞察、異文化・歴史への理解、進歩する科学技術への知識を備え、新しいビジネスを構築し、リーダーシップを発揮しながら、周囲を巻き込んで実践できる能力をチームワークの取り組みを通じて習得する。

担当教員

  • 朝日 透   ( 理工学術院教授、博士キャリアセンター長 )
  • 樋原 伸彦 ( 商学学術印准教授 )
  • 牧 兼充   ( 政策研究大学院大学准教授 )

ゲスト

  • 菊池 紳(プラネット・テーブル株式会社 代表取締役)
  • 石川 聡彦 (株式会社アイデミー 代表取締役CEO)
  • 池野 文昭(Stanford Biodesign Advisory Faculty/MedVenture Partners株式会社 取締役チーフメディカルオフィサー)
  • 雄太郎(株式会社電通国際情報サービス 技術本部 開発技術部 新領域研究グループ)
  • 堤 孝志・飯野 将人(ラーニング・アントレプレナーズ・ラボ株式会社 共同代表/早稲田大学客員教授)
  • 由里子(名古屋商科大学 教授)
  • 稲村 博央(株式会社電通国際情報サービス 戦略ビジネス推進本部 データサイエンス部)
  • 尾形 哲也(早稲田大学 教授)
  •  

講義日程

  日時 タイトル 担当教員/ゲスト
第1回 10月3日(水)
6時限
「AIテクノロジー・ビッグデータ解析を活用した食ビジネスのイノベーション」 担当:朝日、樋原、牧
ゲスト:菊池 紳
第2回 10月10日(水)
6時限
「テクノロジーで起業しよう!技術スタートアップの始め方」 担当:樋原、牧
ゲスト:石川 聡彦
第3回 10月17日(水)
6時限
「バイオメディカルベンチャーの成功の秘訣(仮)」 担当:朝日、樋原
ゲスト:池野 文昭
第4回 10月24日(水)
6時限
「AI・機械学習のビジネス事例と継続的・効果的に機械学習プロジェクトを生み出す方法」 担当:朝日
ゲスト:小川 雄太郎
第5回 10月31日(水)
6時限
「ビジネスモデル仮設検証手法による事業創出」 担当:朝日、樋原、牧
ゲスト:堤 孝志・飯野 将人
第6回 11月7日(水)
6時限
「デザイン思考のススメ」 担当:朝日、樋原、牧
ゲスト:澤谷 由里子
第7回 11月14日(水)
6時限
「実ビジネスにおける機械学習プロジェクトの創出と進行-現場で起こる問題点と解決策-」 担当:朝日、樋原、牧
ゲスト:稲村 博央
第8回 11月21日(水)
6時限
「ロボットテクノロジーとAI技術の融合が切り拓く新しい産業」 担当:朝日、樋原、牧
ゲスト:尾形 哲也

使用教室

53-401教室

成績評価方法

試験 0% なし
レポート 30% DeepAnalytics for Education手法に関する課題
平常点評価 60% 授業における参加度:質問やグループワークでの積極性及び提案への貢献度など
その他 10% 本授業に関与するシンポジムやセミナーへの参加

シラバス

講義詳細はシラバスをご確認ください。
https://www.wsl.waseda.jp/syllabus/JAA104.php?pKey=9S090102840120189S090102849S&pLng=jp

受講を希望される方は、以下の申込方法にて履修申請をお願いいたします。

◆早稲田大学 学生の方

⇒ My WASEDAより科目登録スケジュールに沿ってWEB申請を行ってください。

◆早稲田大学 ポスドクの方 ※単位付与対象外です。

⇒ こちらよりWEB申請を行ってください。

<D-DATaプログラム(データ関連人材育成プログラム)受講希望者の方>

◆早稲田大学 学生の方 

⇒ My WASEDAより科目登録 + D-DATaプログラム専用アプリケーションフォームより参加申込

◆その他(他大学生・ポスドク・社会人)

⇒ D-DATaプログラム専用アプリケーションフォームより参加申込

(参考)2017年度実施内容

■授業概要

人工知能、ロボットテクノロジー、及び医療テクノロジーとそれらのテクノロジーの融合の分野でスタートアップや先端データ解析に興味のある学生に、ビジネスモデル仮説検証法やビジネスモデルナビゲーター手法の考え方を実践的に学ばせるとともに、ゲストスピーカーからの実体験など聞いて、産学界におけるイノベータ―に必要なことは何かを学ぶ。

■受講者数

51名(内:学部生41名、修士・博士課程10名)

■授業計画 ・ゲスト講師

■授業風景
第3回 ICTと医療の融合ビジネスとスタートアップ
第4回 人工ビジネスへの挑戦
第7回 ビジネスモデル・ナビゲーターによるシステマティックなビジネス創造B
■シラバス

2017年度 秋クォーター



TOP