早稲田大学 イノベーション教育プログラム

HondaイノベーションTokyo教育研究プログラム(Hondaアカデミー)

  • TOP>
  •  カリキュラム一覧 >
  •  人工知能・先端ロボットテクノロジー実践 (イノベーションとテクノロジー実践 β)

人工知能・先端ロボットテクノロジー実践
(イノベーションとテクノロジー実践 β)

受講者の声はこちら

講義概要

人工知能、ロボットテクノロジー、及び医療テクノロジーとそれらのテクノロジーの融合の分野でスタートアップや先端データ解析に興味のある学生に、サーバントリーダーシップの考え方やデザインシンキングを実践的に学ばせるとともに、ゲストスピーカーからの実体験など聞いて、産学界におけるイノベータ―に必要なことは何かを学ぶ。本授業はインタラクティブ方式の講義とする。なお、イノベーションとテクノロジー実践αとβをもとに履修することを強く推奨する。
(参考)
秋期アルファ:人工知能、ロボットテクノロジー、及び医療テクノロジーとそれらのテクノロジーの融合の分野でスタートアップや先端データ解析に興味のある学生に、ビジネスモデル仮説検証法やビジネスモデルナビゲーター手法の考え方を実践的に学ばせるとともに、ゲストスピーカーからの実体験など聞いて、産学界におけるイノベータ―に必要なことは何かを学ぶ。また、実践型データサイエンス教育手法であるDeepAnalytics for Education(DAE)を学ぶ。本授業はインタラクティブ方式の講義とする。なお、イノベーションとテクノロジー実践αとβをもとに履修することを強く推奨する。

講義の到達目標

グローバルな課題への洞察、異文化・歴史への理解、進歩する科学技術への知識を備え、新しいビジネスを構築し、リーダーシップを発揮しながら、周囲を巻き込んで実践できる能力をチームワークの取り組みを通じて習得する。

担当教員

  • 朝日 透       ( 理工学術院教授、博士キャリアセンター長 )
  • 樋原 伸彦     ( 商学学術印准教授 )
  • 牧 兼充       ( 政策研究大学院大学准教授 )

ゲスト

  • 知京 豊裕      ( 物質・材料研究機構(NIMS) 統合型材料開発・情報基盤部門 情報統合型物質・材料研究拠点 副拠点長/早稲田大学理工学術院 客員教授 )
  • 橋本 周司      ( 早稲田大学副総長)
  • 額田 康利      ( SOOTH株式会社 代表取締役/株式会社AOI Pro. 常務執行役員 )
  • 浜田 俊        ( Tableau Japan株式会社 会長 )
  • Ying Mao(毛 霙) ( Tableau Japan株式会社 エンジニア )
  • 松本 宜之      ( 株式会社本田技術研究所 代表取締役社長 )
  • 長谷川 雅彬    ( Erretes.The Strategic Design Company Business Advisor )
  • 坂上 義秋      ( 株式会社本田技術研究所R&DセンターX 上席研究員 )

講義日程

  日時 タイトル 担当教員/ゲスト
第1回 11月28日(水)
6時限
「グローバルに見たマテリアルインフォマティクスの動向とテックベンチャーへ挑戦する心得(仮)」 担当:朝日、樋原
ゲスト:知京 豊裕
第2回 12月5日(水)
6時限
「ロボット科学者から見た人工知能技術のこれから」 担当:朝日、樋原
ゲスト:橋本 周司
第3回 12月12日(水)
6時限
「体験設計型プラットフォームビジネスで世界を変える」 担当:朝日、樋原
ゲスト:額田 康利
第4回 12月19日(水)
6時限
「ビッグデータの視覚化のススメ」 担当:朝日、樋原、牧
ゲスト:浜田 俊
第5回 1月9日(水)
6時限
「やってみようビッグデータの視覚化」 担当:朝日、樋原、牧
ゲスト:Ying Mao(毛 霙)
第6回 1月16日(水)
6時限
「HondaイノベーションラボTokyoが先導するイノベーション:世界をリードする研究開発」 担当:朝日、樋原、牧
ゲスト:松本 宜之
第7回 1月23日(水)
6時限
「グローバルキャリアデザインとアートxビジネス」 担当:朝日、樋原、牧
ゲスト:長谷川 雅彬
第8回 1月30日(水)
6時限
「Hondaが展開するベンチャー支援プログラム」 担当:朝日、樋原、牧
ゲスト:坂上 義秋

使用教室

53-401教室

成績評価方法

試験 0% なし
レポート 30% 習得した手法に関する課題
平常点評価 60% 授業における参加度:質問やグループワークでの積極性及び提案への貢献度など
その他 10% 本授業に関与するシンポジムやセミナーへの参加

シラバス

講義詳細はシラバスをご確認ください。
https://www.wsl.waseda.jp/syllabus/JAA104.php?pKey=9S090102850120189S090102859S&pLng=jp

受講を希望される方は、以下の申込方法にて履修申請をお願いいたします。

◆早稲田大学 学生の方

⇒ My WASEDAより科目登録スケジュールに沿ってWEB申請を行ってください。

◆早稲田大学 ポスドクの方 ※単位付与対象外です。

⇒ こちらよりWEB申請を行ってください。

<D-DATaプログラム(データ関連人材育成プログラム)受講希望者の方>

◆早稲田大学 学生の方 

⇒ My WASEDAより科目登録 + D-DATaプログラム専用アプリケーションフォームより参加申込

◆その他(他大学生・ポスドク・社会人)

⇒ D-DATaプログラム専用アプリケーションフォームより参加申込

(参考)2017年度実施内容

■授業概要

人工知能、ロボットテクノロジー、及び医療テクノロジーとそれらのテクノロジーの融合の分野でスタートアップや先端データ解析に興味のある学生に、ビジネスモデル仮説検証法やビジネスモデルナビゲーター手法の考え方を実践的に学ばせるとともに、ゲストスピーカーからの実体験など聞いて、産学界におけるイノベータ―に必要なことは何かを学ぶ。

■受講者数

51名(内:学部生41名、修士・博士課程10名)

■授業計画 ・ゲスト講師

■授業風景
第1回
第2回 人工ビジネスの今後
第3回 コーチング手法による内発的動機づけの向上とサーバントリーダーシップA
第4回 コーチング手法による内発的動機づけの向上とサーバントリーダーシップB
■シラバス

2017年度 冬クォーター



TOP