早稲田大学 イノベーション教育プログラム

HondaイノベーションTokyo教育研究プログラム(Hondaアカデミー)

  • TOP>
  •  カリキュラム一覧 >
  •  人工知能・先端ロボットテクノロジー・バイオテクノロジーの基礎とスタートアップを学ぶ (イノベーションとテクノロジー基礎 β)

人工知能・先端ロボットテクノロジー・バイオテクノロジーの基礎とスタートアップを学ぶ
(イノベーションとテクノロジー基礎 β)

受講者の声はこちら

講義概要

人工知能、ロボットテクノロジー、及び医療テクノロジーとそれらのテクノロジーの融合の分野でスタートアップに興味のある学生に、シリコンバレーで活躍しているアントレプレナーらのビジネスのスタートアップの実例を学ばせ、さらに、デザイン思考やバックキャスティング思考を学ばせるとともに、テクノロジーベースの新規事業の立ち上げの際に留意することなどをゲストスピーカーからの実体験など聞いて、産学界におけるイノベータ―に必要なことは何かを学ぶ。
全ての講義はインタラクティブな講義とする。
なお、イノベーションとテクノロジー基礎αも履修することを強く推奨し、両授業を履修した学生の中から評価の高かった学生はインターンシッププログラムへの参加(交通費及び宿泊費はプログラムが負担)の権利を得ることができる。

講義の到達目標

グローバルな課題への洞察、異文化・歴史への理解、進歩する科学技術への知識を備え、新しいビジネスを構築し、リーダーシップを発揮しながら、周囲を巻き込んで実践できる将来のイノベータ―の卵を養成する。
本授業は、地球規模の環境問題、複雑化する国際情勢に対して、アントレプレナーまたはイントレプレナーとして、課題の解決に寄与できる人材を養成するためのカリキュラムの一つとして位置づける。

担当教員およびゲスト

  • 朝日 透   ( 理工学術院教授、博士キャリアセンター長 )
  • 樋原 伸彦 ( 商学学術印准教授 )
  • 牧 兼充   ( 政策研究大学院大学准教授 )
  • 松本 勝   ( VISITS Technologies株式会社 代表 )
  • Oya Koc  ( 株式会社Oyraa Founder & CEO )
  • 石村 隆和 ( 株式会社三井住友銀行 部長 )
  • 杉村 領一 ( 産総研人工知能研究センター 上席イノベーションコーディネーター )
  • 岡田 祐子 ( 株式会社エムズコミュニケイト代表取締役社長 )
  • 山本 寧   ( コランダムイノベーション株式会社 代表取締役 )

講義日程

第1回 6月13日 デザイン思考ワークショップ1 担当教員:朝日
ゲスト:松本勝
第2回 6月20日 デザイン思考ワークショップ2 担当教員:朝日
ゲスト:松本勝
第3回 6月27日 新しいAIビジネスへの挑戦 担当教員:朝日
ゲスト:Oya Koc
第4回 7月4日 デジタライゼーションが変える産業構造 担当教員:樋原
ゲスト:石村隆和
第5回 7月11日 人工知能の今は昔 担当教員:朝日
ゲスト:杉村領一
第6回 7月18日 人工知能の未来と課題 担当教員:朝日
ゲスト:杉村領一
第7回 7月25日 ポイントサービス(日本独自の経済文化と市場)のこれまでと今後
-社内ベンチャーの立ち上げと親会社からの独立を通じて-
担当教員:朝日
ゲスト:岡田祐子
第8回 8月1日 イスラエルにおけるスタートアップとベンチャー支援 担当教員:朝日、樋原、牧
ゲスト:山本寧

使用教室

53-401教室

成績評価方法

ペーパー試験はありません。レポートの提出があります。
授業への参加積極度やグループディスカションへの貢献度などにより、評価されます。
予め指示された本講義に関係するセミナー、シンポジムへの参加も評価の対象となります。

シラバス

講義詳細はシラバスをご確認ください。
https://www.wsl.waseda.jp/syllabus/JAA104.php?pKey=9S090102830120189S090102839S&pLng=jp

受講を希望される方は、以下の申込方法にて履修申請をお願いいたします。

◆早稲田大学 学生の方

⇒ My WASEDAより科目登録スケジュールに沿ってWEB申請を行ってください。

◆早稲田大学 ポスドクの方 ※単位付与対象外です。

⇒ こちらよりWEB申請を行ってください。

<D-DATaプログラム(データ関連人材育成プログラム)受講希望者の方>

◆早稲田大学 学生の方 

⇒ My WASEDAより科目登録 + D-DATaプログラム専用アプリケーションフォームより参加申込

◆その他(他大学生・ポスドク・社会人)

⇒ D-DATaプログラム専用アプリケーションフォームより参加申込

(参考)2017年度実施内容

■授業概要

人工知能、ロボットテクノロジー、及び医療テクノロジーとそれらのテクノロジーの融合の分野でスタートアップに興味のある学生に、シリコンバレーで活躍しているアントレプレナーらのビジネスのスタートアップの実例を学ばせ、さらに、デザイン思考やバックキャスティング思考を学ばせるとともに、テクノロジーベースの新規事業の立ち上げの際に留意することなどをゲストスピーカーからの実体験など聞いて、産学界におけるイノベータ―に必要なことは何かを学ぶ。

■受講者数

43名(内:学部生32名、修士・博士課程11名)

■授業計画 ・ゲスト講師

■授業風景
第4回 人工知能と自動車産業1
第6回 結果的にイノベーション
第7回 シリコンバレーとバイオデザインプログラム
■シラバス

2017年度 夏クォーター



TOP