早稲田大学 イノベーション教育プログラム

大川アカデミー教育研究プログラム

  • TOP>
  •  カリキュラム一覧 >
  •  いかに企業内で新規事業を立ち上げられる人材になるか (起業特論B:企業内新規事業開発)

いかに企業内で新規事業を立ち上げられる人材になるか

起業特論B:企業内新規事業開発 受講者の声はこちら

講義概要

企業が生き残るためには、絶えざる成長と、競争に対する防衛が必要です。長期的な競争力の維持はイノベーションと新規事業の創出なしにはありえません。
しかし、多くの失敗事例が示すように、そこには困難さがつきまといます。どうしたら企業における新規事業は成功するのでしょうか?
授業では、新規事業にかかる理論的な背景、ベンチャーとの相違点を学ぶとともに、総合商社やリーディングカンパニーにおける新規事業化への具体的な取組を取り上げます。現場で活躍されているゲストを招聘して、他では聞くことのできない貴重な経験談や今後の企業のあり方などを学びます。ゲスト講師からは、受講者に、企業がかかえる課題等についての「問い」を投げかけていただき、議論を交えながら進めていきます。
企業は新規事業を開発・創造できる人材を求めています。本授業は、「いかに企業内で新規事業を立ち上げられる人材になるか」に問題意識を持つ学生にとっても役立つ授業となります。

講義の到達目標

・企業における新規事業立ち上げに必要な知識を学び、それらの具体的なイメージを持てるようになる。
・企業内起業とベンチャー立ち上げの違いを理解する。
・複数企業の新規事業立ち上げの例を知ることにより、異なる業種における新規事業の立ち上げの相違点を理解する。

担当教員およびゲスト

  • 朝日 透    ( 理工学術院教授、博士キャリアセンター長 )
  • 小島 信明  ( 研究戦略センター上席研究員・研究院教授、総長室参与 )
  • 島岡 未来子 ( 研究戦略センター准教授 )
  • 佐藤 俊弥   ( TDK株式会社 技術知財本部TDK MAKER DOJOの道場長 )
  • 成迫 剛志  ( 株式会社デンソー デジタルイノベーション室長 )
  • 赤木 由美  ( 九州旅客鉄道株式会社 鉄道事業本部 営業部長兼サービス部長 )
  • 深澤 知憲  ( 株式会社エマージングテクノロジーズ代表取締役社長 )

講義日程

第1回 6月12日 オリエンテーション
企業における新規事業開発序論
担当:朝日、島岡
第2回 6月19日 商社における新規事業の立ち上げ(1) 担当:小島
第3回 6月26日 商社における新規事業の立ち上げ(2) 担当:小島
第4回 7月3日 商社における新規事業の立ち上げ(3) 担当:小島
第5回 7月10日 TDKにおける新規事業開発 担当:島岡
ゲスト:佐藤俊弥
第6回 7月17日 デンソーにおける新規事業開発 担当:島岡
ゲスト:成迫剛志
第7回 7月24日 JR九州における新規事業開発 担当:島岡
ゲスト:赤木由美
第8回 7月31日 新規事業を開発できる人材とは 担当:島岡、朝日
ゲスト:深澤知憲

使用教室

3-306

成績評価方法

平常点評価 70% 講義内での発表・発言・積極的な参加を評価します。
レポート 30% 授業後、学んだことについてレポート提出

シラバス

講義詳細はシラバスをご確認ください。
https://www.wsl.waseda.jp/syllabus/JAA104.php?pKey=9S090103060120189S090103069S&pLng=jp

受講を希望される方は、以下の申込方法にて履修申請をお願いいたします。

◆早稲田大学 学生の方

⇒ My WASEDAより科目登録スケジュールに沿ってWEB申請を行ってください。

◆早稲田大学 ポスドクの方 ※単位付与対象外です。

⇒ こちらよりWEB申請を行ってください。

<D-DATaプログラム(データ関連人材育成プログラム)受講希望者の方>

◆早稲田大学 学生の方 

⇒ My WASEDAより科目登録 + D-DATaプログラム専用アプリケーションフォームより参加申込

◆その他(他大学生・ポスドク・社会人)

⇒ D-DATaプログラム専用アプリケーションフォームより参加申込

(参考)2017年度実施内容

・春学期
■授業概要

研究成果を事業につなげるための知識や企業・事業運営の手続きをゲストを含めプロフェッショナルより学ぶ。総合商社の新規事業化事例やハイテクベンチャーの起業例などを題材にとりあげ講義を行う。

■受講者数

14名

■授業計画 ・ゲスト講師

■シラバス

2017年度 春学期(集中講義)

・秋学期
■授業概要

研究成果を事業につなげるための知識や企業・事業運営の手続きをゲストを含めプロフェッショナルより学ぶ。総合商社の新規事業化事例やハイテクベンチャーの起業例などを題材にとりあげ講義を行う。

■受講者数

5名

■授業計画 ・ゲスト講師

■シラバス

2017年度 秋学期(集中講義))



TOP